インターネット回線について

データ通信無制限で使い放題プランのある格安SIMをまとめてみました

格安SIMには様々な会社が参入していて、その提供する料金プランも多種多様です。

以前仕事に使用する機会があったため、最低限の月額料金で運用できる格安SIMについて書きました。

待ち受け専用や2台目に最適な月額料金が安い音声通話SIM

今回は、スマホはもちろんSIMフリーのモバイルルーターにも最適な、パケット通信が速度制限なしで、使い放題プランのあるSIMカードをまとめたので、ご紹介します。

使い放題SIMの料金プランと通信速度を比較する

MVNO各社から、速度制限がなく使い放題のプランがあるものを選ぶと、選択肢は限られてきます。

現時点では下の表にまとめた所が使い放題プランがある会社です。

MVNO 通信速度 月額料金 通話SIM
TONE 500Kbps 1,000円 0円
UQ Mobile 500Kbps 1,980円 +700円
DTI 225Mbps 2,200円 +700円
U-Mobile 375Mbps 2,480円 +500円
ぷららモバイル 3Mbps 2,780円 +680円

さすがに通信速度が速く、使い放題となると、格安SIMとはいえ料金はそれなりの金額になっています。

それでもキャリアのパケット定額と比較すると、安く利用することができるので、やはり格安SIMは見逃せない通信手段ということが分かります。

そして、注意すべきは225Mbpsや375Mbpsという速度が出るとしているSIMは、ベストエフォート方式で、理論上の最高速という意味合いになっています。

実際にはここまで速度が出ませんし、またどのMVNOでも「通信を連続して使い続けた場合は一時的に速度を規制する」という注意書きがあるので、その点も注意が必要です。

上の表にまとめたSIMは、モバイルルーターやタブレットに挿すデータ通信のみの契約もできますし、スマホに挿して通話をすることも可能です。

通話SIMを選んだ場合は、表の右側の料金が月額料金にプラスされます。

TONE Mobileはスマホには最適なプラン

TSUTAYAが提供しているTONE Mobileは、500Kbpsという低速通信ではありますが、データ通信が無制限で使用できて、さらに通話もできて1,000円という破格の料金です。

ただ、TONEではSIMカード単体の販売は行っておらず、必ずTONEオリジナルスマホとセットでの販売になっています。

そのため、SIMだけ購入して手持ちの端末に挿して使用するという場合は、端末代金を最初に支払わないといけないので、余分な出費になります。

新しくスマホの購入を考えていて、なおかつデータ通信使い放題のSIMを探しているという方にはぴったりのSIMです。

TONEのSIMは料金が安い代わりに通信速度が500Kbpsと抑えられていますが、通常格安SIMの低速時の速度が200Kbpsということを考えると、その倍の速度で通信できるということになります。

この速度で動画を見ることは難しいですが、Webサイトの閲覧やSNSなどには問題なく使用できます。

動画を快適に見られる様な速度で通信するには、別途オプションが必要で、この速度では不満があるという場合は、他のSIMを選ぶのが良いでしょう。

U-Mobileは実際の速度に難あり

通信速度と料金を見ると、U-Mobileは通信速度が375Mbpsと3大キャリア並みの通信速度で、使い放題なので、とても魅力的に見えます。

しかし、実際に使用したユーザーの声を見ると、375Mbpsどころか、通信速度が遅く、期待していたものと違う様です。

この数値通りとまではいかなくても、LTEの通信速度が出ていれば、U-Mobileがおすすめなのですが、U-MobileのSIMを購入するのは、少し様子を見た方が良さそうです。

現在のおすすめはDTI Mobile

格安SIMのデータ通信無制限で使い放題プランのおすすめは、DTI Mobileです。

DTIはまだ使い放題プランを始めて新しいMVNOではありますが、通信速度が早く、U-Mobileの様に極端に通信速度が出ないという声も聞かれません。

それなのに、月学料金の2,200円というのはとても安く、通話SIMをつけたとしても2,900円で利用することができます。

モバイルルーターやタブレット用にデータ通信SIMを購入しても良いですし、音声SIMを購入してスマホに挿しても存分に使用することができます。

DTI Mobileも混雑時や長時間大量の通信を行うと一時的に速度が制限されるという点は変わりありませんが、現時点では一番実用的な使い放題のSIMです。

使い放題SIMのまとめ

使い放題のプランを提供している会社はやはり少なく、あったとしても通信速度を制限していたり、思った様に速度が出なかったりと様々です。

現在通信速度が十分に出ているSIMでも、利用するユーザーが増え、回線が圧迫されると速度が低下してしまうという可能性もあります。

これはぷららモバイルなど、以前から使い放題SIMを提供している会社では実際に過去にあったことです。

結局は使って見ないとわからないという所ですが、キャリアの契約と違い、格安SIMは契約期間がなく、いつでも違約金なしで解約できるという点が魅力です。

通信速度が下がってきて、使いにくくなったらすぐに他のSIMカードに乗り換えることができます。

SIMカードを選ぶ際は、条件に合ったものをピックアップして、自分にぴったりなSIMを見つけていきたいですね。

SIM

Share

© NOTICED 2020