出産・子育て・育児について

双子のチャイルドシートでおすすめはどれ?購入前に考えたポイントのまとめ

双子が産まれてから、ベビーカーやチャイルドシートなど、移動に関わるものについてあれこれ考えることになりました。

ベビーカーは、Air Buggy Coco Doubleのレビューで書いた通り、購入する事が決まっていたのですが、問題はチャイルドシートです。

我が家の場合、そんなに使用頻度は高くないものの、やはり必要なので、どれを購入するべきか、色々調べてみました。

これから双子にチャイルドシートの購入を考えているという方は、参考にしてください。

Sponcerd Link

双子用のチャイルドシート・ベビーシートを2つ購入する

ベビーカーと違ってチャイルドシートやベビーシートには双子用というものがないので、双子の場合だと必ずチャイルドシートを2つ用意する必要があります。

さて、いざ購入すると決めてから、色々見てみたのですが、双子用のチャイルドシートという情報は案外少なく、双子用のベビーカーに比べて、専用のものではないからか、探しにくいなと感じました。

結局、自分で双子を連れて車で移動することを想像して、便利だろうなと思うものを候補に挙げて見ることにしました。

調べた結果、双子用のチャイルドシートを購入するには、用途別に以下のように分類できそうです。

  • トラベルシステム
  • キャリー型
  • 据え置き型
  • 省スペース型

それぞれについて、詳しくみていきましょう。

双子用のベビーカーを購入していないならトラベルシステム

もし、まだ双子用のベビーカーを購入していない状態で、双子のチャイルドシートを探しているなら、最初に検討したいのが、双子ベビーカー+トラベルシステムです。

トラベルシステムは、ベビーカーにチャイルドシートを取り付けられるため、車のそばまで移動して、双子を寝かせたまま車に載せることができます。

双子が小さい間は車まで移動するだけでも大変ですが、トラベルシステムがあれば、一人でも双子を連れて車で外出することができます。

ただ、双子ベビーカー+トラベルシステムの組み合わせは、とても選択肢が少ないので、限られた商品から選ぶ必要があります。

我が家では、妻がベビーカーをAir Buggy Coco Doubleに決めていたので、この組み合わせは断念しました。

グレコの双子ベビーカートラベルシステム

Air Buggyという制約が無ければ、間違いなく購入していたのが、このGRACOの双子ベビーカー+ベビーシート2つの組み合わせです。

あれこれ考える必要がなく、これさえ買ってしまえば全ての移動に使えますし、ベビーカーのシートアレンジも非常に多彩です。

ベビーカーはずっと使い続けることができますし、付属のベビーシートは2歳頃までは利用することができます。

双子ベビーカーのトラベルシステムは、日本ではほとんど発売されていませんが、こちらのお店でGRACOの双子ベビーカートラベルシステムが輸入販売されています。

すでにベビーカーを持っている場合はチャイルドシート単独で

双子ベビーカーをすでに持っている場合や、トラベルシステムの利用を考えていないという場合は、チャイルドシートを1つずつ購入します。

同じデザインのものを購入すると、車にセットした時も、見た目がすっきりするので、せっかくなら同じデザインのものがおすすめです。

チャイルドシートには、固定式のチャイルドシートと、持ち運びが簡単なものとがあります。

固定式は、取り外しても赤ちゃんを乗せたまま移動することはできませんが、タイプのものは赤ちゃんを乗せたまま移動することができます。

双子の場合は、圧倒的に持ち運びができた方が楽なので、長く使えることよりも、いかに便利に利用できるかという点を重視しました。

キャリー型のベビーシート

我が家の場合、最初に購入したのは、背面取り付けしかできない新生児から2歳くらいまでのベビーシートです。

マキシコシの類似品のようなデザインで、持ち手がついていて赤ちゃんを寝かせたまま移動できるタイプです。

2歳までなので、使用できる期間は短いのですが、軽量であることと、取り付け・取り外しが簡単にできるという点で選ぶことにしました。

カーシェアリングなどでその都度着脱をしないといけない場合でも、シートベルトで簡単に取り付けることができます。

かなり重いですが、双子を同時に移動させることができるのもとても便利な点でした。

回転式のチャイルドシート

座面が回転するチャイルドシートは、ベビーシートとチャイルドシートを兼ねて使用することができるので、長く使えることが特徴です。

新生児の間は、進行方向を背中に向けて取り付けて、大きくなってきたら進行方向に正面に回転させて取り付けることが可能です。

このタイプのチャイルドシートは作りがしっかりしていて、ベルトでの固定もとても強く固定することができるので安心です。

ただし大きいのが難点。

特に2台つけるとなると、ほとんど車のスペースが無くなってしまいます。

また、現在は自家用車を持っておらず、カーシェアリングで車を利用しているので、取り外しが大変だということもあって、こちらも候補から外します。

大きい車を持っていて、常に設置しておけるという方には、おすすめです。

省スペースのトラベルベスト

トラベルベストは、1歳前後から使える、チャイルドシートです。

我が家では、持ち運び型のチャイルドシートに乗らなくなったあと、これに切り替えました。

これが使えるようになると、車内がとても広くなります。

持ち運びも設置も楽なので、レンタカーや複数台の車を行き来して設置するのにもおすすめです。

双子のチャイルドシートを設置してみた感想

無事に2つのシートが届いたので、外出する当日の朝に初めて車に装着してみました。

8人乗りのファミリーカーだったので、余裕だと思ったのですが、取り付けてみると車内の狭さに驚きます。

取り付け方は前日に考えていて、真ん中の座席に双子のチャイルドシートを取り付け、一番後ろには上の子供と妻に乗ってもらうことにしました。

スーツケースと、1人乗りのベビーカーを積んだら、もう車はいっぱいです。

運転席の横の助手席だけにスペースがあるような状態でした。

大きくなれば、3人横並びで乗れるようになるでしょうから、5人乗りの車でも問題ないでしょうが、新生児時代は大変ですね。

Sponcerd Link

双子育児 子供関連グッズ

Share

© NOTICED 2020