インターネット回線について

FUJI WiFiでWiMAXルーターをレンタル 申し込みの手順や使用感のレビュー

GMOとくとくBB WiMAXを更新月に解約して、次は光回線にしてみようかと考えていたのですが、思ったように開通が進まず、スムーズな乗り換えに失敗してしまいました。

とはいえ、格安SIMの通信量だけでは乗り切れないので、以前から気になっていたFUJI WiFiを使ってみることにしました。

FUJI WiFiは、株式会社レグルスが運営する、レンタルWiFiサービスです。

通常のWiMAXの契約は現在3年間ですが、FUJI WiFiはレンタルなので、契約期間なしで好きな時に解約できるのが魅力です。

その上、WiMAXのレンタル料金が2,980円/月と格安なので選んだのですが、これがずっと使ってもいいかなと思えるくらいの内容だったので、申し込みから利用までをレビューしたいと思います。

FUJI WiFiって?

FUJI WiFiはポケットWiFiやWiMAX2+ルーター、SIMカードなどを手軽にレンタルできるサービスです。

1ヶ月間からの短期利用が可能なので、ポケットWiFiやWiMAXを必要な期間だけレンタルすることができます。

最低利用期間がなく、もちろん解約違約金もないので、プロバイダでWiMAXを契約するよりも、深く考えずにライトな気持ちで申し込みができます。

ポケットWiFiは月に使える通信容量によって月額料金が異なりますが、WiMAX2+に関しては月の通信容量が無制限のギガ放題が2,980円/月に設定されています。

これまでずっとWiMAX2+を固定回線として利用してきたので、FUJI WiFiでもWiMAXを申し込む事にしました。

FUJI WiFiの申し込みの流れ

FUJI WiFiでレンタルするには、まずレグルスの会員に登録してから、サービスを申し込む必要があります。

手順としては、次のような流れです。

  • 会員登録
  • レンタルサービス申し込み
  • 端末到着

レンタルする前に会員登録が必要なので、ちょっと躊躇いましたが手続きを進めてみると、とても簡単でした。

レグルスに会員登録する

FUJI WiFiをレンタルするために、レグルスの会員登録を済ませます。

一度登録してしまえば、次回からはログインするだけでレンタルの手続きができるので、済ませてしまいましょう。

FUJI WiFiのページから一般と法人それぞれに『お申し込みはこちら』と表示されたボタンを押すと、会員登録の画面に進みます。

レグルスへの会員登録ページはこちら

名前や住所など、基本的な項目を入力します。

支払い方法に関する項目は、この時点ではまだないので、まずは会員登録だけを済ませてしまいましょう。

本人確認書類をアップロードする

個人情報の入力が終わったら、本人確認書類をアップロードします。

  • 免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード

3つの書類から選べますが、私は免許証をアップしました。

ちょっと怖い感じがするかもしれませんが、レンタル契約という性質上、本人確認は絶対に必要です。

株式会社レグルスは、レンタルサービス以外にも、人材派遣など様々な事業をしている会社なので、信頼してアップロードしましょう。

確認画面で登録を完了したら、FUJI WiFiから登録完了の旨と、パスワード・IDが記載されたメールが届きます。

メールが届いたら、マイページにログインしてWiFiの申し込みができるようになります。

この度は、レグルス会員にご登録頂きまして、誠にありがとうございます。

この度のレグルス会員登録をしていただいた内容のお控えをお客様のご登録頂いたメールアドレス宛に送信させていただきました。

FUJI WifiのWi-Fiルーターのお申し込み、またはご登録情報の変更をご希望の方は
FUJI Wifiサイトのマイページから承っております。

メールにも記載されていますが、この時点で申し込みが完了したわけではないので、続けてWiFiの申し込み手続きを行いましょう。

マイページにログインする

FUJI WiFiのマイページにログインして、WiFiの新規申し込みを行います。

ログインIDとパスワードは、自分で決めたり後から変更することはできないので、会員登録のメールを確認するしかありません。

IDとパスワードは、契約内容の変更や確認・解約の際にも必要なので、メールを保護しておくか、どこかにしっかりとメモを残しておきましょう。

マイページから支払い方法を変更する

FUJI WiFiは、基本的にクレジットカードでの支払いになるので、クレジットカードの情報を登録しましょう。

法人や個人事業主の場合は、請求書払いも選択できますが、いずれにしてもクレジットカード払いの方が便利です。

マイページの『ご契約者情報』→『お支払い方法の変更』で、クレジットカードの登録が可能です。

今後、全ての支払いをクレジットカードで行う場合は、『カード登録と同時に利用分全てのお支払い方法を変更』にチェックを入れておきましょう。

新規お申し込みでWiFiレンタルを申し込む

全ての登録が終わったら、マイページの『新規契約お申し込み』から、WiFiルーターのレンタルを申し込みします。

ルータープランとSIMプランがあり、それぞれ10GBから200GBまでのプランがあります。

私は、WiMAXを申し込むことを決めていたので、WiMAX2+ Width au 4G LTEプランを選択します。

ここで通常のプランと『月々割プラン』がありますが、月々割プランは初期費用39,800円を支払う代わりに、月額料金が980円になるプランです。

長期の利用なら月々割の方がお得なのですが、いつまで利用するか分からないので、無難に月額2,980円の通常プランを選びました。

FUJI WiFiの契約に必要な費用

  • 初期費用 : 2,000円
  • WiMAX2+ プラン : 2,980円/月
  • 安心サポート : 300円/月 (同額を毎月割引)

FUJI WiFiの契約に必要なのは、契約の最初に必要な事務手数料と、初月の月額料金だけです。

安心サポートには、通常のものとPremiumがありますが、あまり外に持ち出して破損するということもなさそうですし、水濡れもなさそうなので、300円のサポートにしました。

安心サポートは必ずどちらかを選ばなければならず、解除はできませんが、同額の300円を『安心セットお値引き300円』というサービスが最初から付いているので、実質の料金は0円です。

初期費用の2,000円が必要なので、契約月は4,980円を支払うことになりますが、翌月から毎月2,980円のみの支払いになります。

WiMAXプロバイダで普通に契約する場合と比べても、月額料金がかなり抑えられています。

端末はランダムで選べない

FUJI WiFiの月額料金はとても安いのでお得なのですが、その代わり自分で端末を指定して選ぶことはできません。

WiMAX2+なら、現在は最新機種のW05とW04が選べますが、手元に届いたのは旧機種のW04でした。

端末の色も選べないので、そういったことが気にならない人にはおすすめですが、欲しい端末があるという場合は、素直に通常のWiMAXプロバイダで契約するのが良さそうです。

月額料金の安いプロバイダBroad WiMAXをみる

申し込むタイミングと利用開始月に注意

FUJI WiFiには日割り計算がないので、申し込むタイミングには少し気をつけた方が良さそうです。

  • 1日から24日 → 当月・翌月利用を選択
  • 16日から24日 → 当月・翌月利用を選択
  • 25日から月末 → 翌月からの利用のみ

申し込む日にちによって、当月利用開始からか翌月の利用開始からかを選びます。

日割りはがないため、月の途中で契約しても月額料金はそのままなのですが、16日以降の申し込みの場合は、半月分の利用料 + 翌月1ヶ月分の利用料を支払うことになります。

月額料金が安いので、あまり気にならないかもしれませんが、基本的には月末に申し込みをして、翌月の初日から利用すると、一番無駄がありません。

ただ、FUJI WiFiはメンテナンスも多いので、うまく月末に申し込みができるかは分かりません。

私もそうでしたが、結局14日くらいの中途半端なタイミングで月の利用料全額を支払って契約しました。

申し込みが完了したら到着を待つだけ

無事に申し込みが完了したら、あとは端末が届くのを待つだけです。

翌月利用の場合は、申し込みをした翌月に届きますが、当月利用の場合は、タイミングが合えばすぐに発送してくれます。

私の場合は、申し込みをして2日後には端末が到着していました。

配送状況により、遅れる可能性があるとの注意書きがありましたが、遅延なく到着したので、すぐに使い始めることができました。

申し込み方法や手順をつらつら書きましたが、実際にやってみるとそんなに時間はかかりませんでした。

FUJI WiFiが到着したので使ってみました

申し込みをしてから、2日後に無事レンタルした端末が届きました。

端末の選択ができないので、仕方ありませんが、希望していたW05のホワイトではなく、W04のグリーンが届きました。

多少の残念感はありましたが、何と言っても契約期間がなしで使えて、ギガ放題プランが2,980円という破格のレンタルWiFiなので、端末が選べないくらいは、許容範囲です。

それよりも驚いたのが、てっきり自宅に手渡し配送だと思っていたら、封筒に入ってポストに投函されていたことです。

一応緩衝材入りの封筒でしたが、精密機器でこの配送方法はなかなかないなと感じました。

届いたものは、写真に写っているもので、ビニールの袋にWiMAXルーターとUSB Type-Cケーブル1本と簡易的な説明書です。

こちらも本当に簡易的ですが、レンタルWiFiなので、こんなものなのかな?という印象です。

速度やエリアは他のプロバイダと全く同じ

FUJI WiFiのWiMAXは、当然なのですが速度やエリアは他のWiMAXプロバイダと全く同じです。

レンタルWiFiだからといって、速度が制限されていたり、エリアが入りにくくなっているということは全くありませんでした。

FUJI WiFiのWiMAXが届くまでは、GMOとくとくBBで契約していたWX02を使っていたので、端末が新しくなったからか、速度は速くなりました。

クレードルをセットでレンタルすることはできないので、クレードルがないと不便かと思いましたが、今の所なんとか使えています。

GMOからFUJI WiFiへの移行で1ヶ月程利用してみましたが、利用していて全く違いがなく、違和感もありません。

WiMAXから光回線への乗り換えを考えていて、光回線の開通が進むまでの繋ぎだと思っていましたが、このままレンタルしていても良いかなと思っています。

何よりも、どのプロバイダよりも安い月額料金で使えて、解約違約金も利用期間もないのが最大の魅力です。

FUJI WiFi WiMAXの申し込みレビューまとめ

UQ WiMAXのTry WiMAXを利用したことはありましたが、FUJI WiFiのようなレンタルWiFiサービスを利用したのは、今回が初めてでした。

使ってみた感想としては、WiMAXでプロバイダ選びをする必要がないんじゃないか?と思うほど、必要十分です。

端末を選べないので、一世代前の機種が届いたり、希望のカラーではなかったりというデメリットはありますが、そこに目をつぶれば、メリットの方が圧倒的に多く感じます。

FUJI WiFiのWiMAXルーターレンタルは、WiMAX2+に加え、au 4G LTE通信が使えるので、通常ならWiMAXのギガ放題プラン3年で提供されているサービス内容です。

UQ WiMAXなら、解約違約金ありの4,380円/月なので、これが最低利用期間がなく解約違約金もない2,980円/月で使えるというのは、どのWiMAXプロバイダでもみたことがない料金です。

WiMAX以外の料金プランも用意されていますが、WiMAXが使い慣れていますし、コストパフォーマンスが良いので、満足しています。

ポケットWiFiやWiMAXの契約を考えている方は、FUJI WiFiでレンタルするというのも、選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

WiMAX

Share

One More

WiMAXルーターを契約した理由とプロバイダをGMOに決めた理由

WiMAXを自宅の固定回線代わりとして使うのはあり?自宅メインで利用するポイント

© NOTICED 2019