インターネット回線について

WiMAXルーターを契約した理由とプロバイダをGMOに決めた理由

現在我が家のネット環境は、WiMAXでほぼ全ての通信がまかなわれています。

以前はSoftbankのホワイトBBを契約していて、iPhoneのパケット定額が割引を受けていたのですが、その期間が終了していたことと、双子の出産を控えてマンションを引っ越すことになって解約しました。

今度は光回線かなとぼんやり考えていたのですが、光回線は契約までに少し時間がかかります。

外で通信することも多いし、あると便利だと思っていたWiMAXをとりあえず契約しておいて、光回線のことはゆっくり考えようと思い、WiMAXを契約しました。

モバイルルーターの中でどうしてWiMAXを選んだか?

まず、モバイルWiFiルーターには、Y!MobileのポケットWiFiや、Docomo,Softbank,auがそれぞれ販売しているルーター、そしてSIMフリーのルーターを用意して、そこに格安SIMを入れるという選択肢があります。

実はWiMAXを契約する前にMR04LNというNECのSIMフリーのWiFiルーターをもっていて、DMM Mobileのデータ通信SIMを挿して、時々使っていました。

ですが、やはり高速通信時でないと使いものになりませんし、格安SIMは基本的に高速データ通信ができる容量が増えれば増えるほど、月額料金が高くなります。

通信容量が定額のUQ Mobileやぷららなどがありますが、これは使い放題の代わりに最高速度がかなり低速に設定されています。

そのため、外で速度や容量を気にせずにインターネットに接続しようとすると、必然的にWiMAXしか選択肢が残されていないことになります。

WiMAXなら、速度制限があっても4Mbps程度の速度は確実に出るので、動画や音楽のストリーミングをしても何の問題もありません。

固定回線がくるまでの自宅の回線としてもぴったりです。

WiMAXプロバイダのキャンペーンから料金を比較する

WiMAXの契約を決めたら、今度はどのプロバイダで契約するか?ということになります。

WiMAXは今の格安SIMと同じ様に、同じWiMAXの回線をつかっていても、契約の窓口となるプロバイダがたくさんあります。

今回契約したGMOとくとくBBや、公式プロバイダであるUQ WiMAXの他にも、So-net WiMAXやNifty WiMAXなどがそれにあたります。

そしてそのプロバイダごとに、月額料金の割引や、キャッシュバックなどのキャンペーンをしていて、どのプロバイダを選ぶかでWiMAXにかかる料金がかなり違ってきます。

そのため、各社のキャンペーンをざっと比較して、信頼できてできるだけ料金が安くなるプロバイダで契約することにします。

GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンが最高額

WiMAXプロバイダのキャンペーンをそれぞれ比較してみると、GMOとくとくBBというGMOグループの会社がやっているプロバイダが一番高額なキャッシュバックを提示している事が分かります。

これは契約する時期によって異なる様ですが、私が契約した時は30,000円のキャッシュバックがもらえるということでした。

また月額料金もわずかではありますが、割引がされていて、UQ WiMAXで契約する場合と比べると、30,000円以上の差がある事が分かりました。

GMOとくとくBB WiMAXにはよくない評判も

WiMAXで一番お得に契約できるプロバイダはGMOとくとくBBだということが分かりましたが、調べてみるとこのGMOというプロバイダはよくない評判もあります。

サポートが悪く電話が繋がらない

まず見られたのがインターネット上での契約で、実店舗がないので、相談はメールか電話ということになります。

ところがこのGMOに電話がほとんど繋がらないということです。

そして、メールでのサポートも丁寧ではないという意見も見られ、少し不安な気持ちになります。

ですが、過去にもWiMAXを契約した経験があったので、思い返してみると、困ってサポートに連絡したことが一度もありませんでした。

そこで、サポート面はあまり気にしないことにします。

キャッシュバックが受け取れない

GMOとくとくBBでWiMAXを契約する最大のメリットがキャッシュバックだと思うのですが、このキャッシュバックを受け取れないという意見も聞かれました。

それは、キャッシュバックの振込が契約から11ヶ月後だということと、専用のメールアドレスにしかその通知が来ない。そしてそのメールアドレスには、広告メールがたくさん届くので、見落としてしまう。というものでした。

確かに、キャッシュバックは自動的に口座に振り込まれる様なイメージがあったので、これは少し意外でした。

ですがよく考えてみると、UQ WiMAXではもらえない30,000円のキャッシュバックには、GMOと契約することで、メールを見てもらって他のサービスの宣伝ができるという意図が見えます。

おそらくそういった告知の代わりにキャッシュバックがあるという考えなのでしょう。

きちんと手続きをして申請すれば、キャッシュバックが受け取れないということもなさそうなので、契約月をしっかりメモして、その月だけメールをチェックしておこうと思います。

GMOで契約して得をすることはあっても損をすることはない

色々調べた結果、もしキャッシュバックがもらえなかったとしても、月額料金は少し割引されていますし、UQ WiMAXで契約する場合と比較すると、得をすることはあっても、損をすることはないと考えました。

また、過去にWiMAXを使用していて、サポートの必要性を感じなかったため、サポートの手厚さなども考慮しないことにします。

ただ、GMOとくとくBBでWiMAXを契約すると、最初の2ヶ月間は無料でそれ以降は月額料金が必要な、安心サポートの様なものが自動的に加入されます。

このサポートに加入したままだと、余分に月額料金を支払うことになるので、契約したら忘れずに解除しなければいけません。

これさえ守ればGMOとくとくBBでWiMAXを契約するメリットはとても大きいです。GMOとくとくBB WiMAXの公式サイトはこちら。

WiMAXをGMOで契約した感想

契約は簡単でしたし、使用して半年ほどになりますが、特に不具合もなく、通信速度も全く問題ありません。

キャッシュバックの受け取り月にはまだ達していないので、また追記して見たいと思います。

WiMAX

Share

One More

WiMAXを自宅の固定回線代わりとして使うのはあり?自宅メインで利用するポイント

FUJI WiFiでWiMAXルーターをレンタル 申し込みの手順や使用感のレビュー

© NOTICED 2020