お金に関すること

リップルを購入できるのはどこ?XRPが買える販売所と取引所のまとめ

仮想通貨の中でも、個人的に注目しているのがRippleのXRPで、価格面以外にも今後の動きが非常に楽しみなコインです。

私が仮想通貨投資を始めるきっかけになったのがリップルなのですが、始めたばかりの頃は、どこで購入できるか?どうやって購入するのか?など、その方法が全く分かりませんでした。

同じようにリップルを購入したいけれど、どうやって購入すれば良いのか分からないという方はたくさんいるかと思います。

ここでは、リップルのXRPを購入することができる販売所と取引所をまとめ、実際にリップルを購入する方法を解説したいと思います。

リップル購入までの手順

実際に購入する前に、リップル購入の流れを見ておきましょう。

仮想通貨を初めて購入するという方は難しいイメージがあるかもしれませんが、一度購入してしまえば、そんなに難しくないという事が分かると思います。

  • 1. 販売所か取引所に登録
  • 2. 本人確認
  • 3. 開設完了
  • 4. 日本円の入金
  • 5. リップル(XRP)の購入

登録はすぐにできますが、本人確認書類の到着までに1週間程度の期間が必要なので、できるだけ早く登録しておくのがおすすめです。

リップルの販売所と取引所の違い

リップルを購入できる場所には、販売所と取引所の2種類があります。

どちらにもメリット・デメリットがあるのですが、仮想通貨を初めて購入するという方は、販売所から始めてみるのがおすすめです。

詳しく違いを知りたいという方は、仮想通貨販売所と取引所の違いをご覧ください。

販売所がおすすめな理由としては、リップルを直感的に購入できるという点です。

とにかく簡単に購入したいという方は、リップルの取り扱いがある販売所coinchekに登録して始めてみるのがおすすめです。

リップルを取り扱う国内の販売所と取引所の一覧

  形態 特徴
coincheck 販売所 簡単に売買できる
GMOコイン 販売所 売り切れが多い
DMMコイン 販売所 FX取引ができる
Bitbank 取引所 指値取引ができる

現在国内でリップルが買える販売所と取引所は、上の表の通りです。

※bitFlyerやZaifでは取り扱いがないのですが、もし取り扱いが始まれば追記したいと思います。

それぞれ特徴はあるのですが、おすすめなのはcoincheckで、取引に慣れてくればbitbankでの指値取引に挑戦してみても良いと思います。

リップルが簡単に購入できるcoincheck

coincheckは、国内でもユーザーが多い仮想通貨の販売所です。

リップルを早くから取り扱っていたので、coinchekがはじめての購入場所というユーザーは多いのではないでしょうか。

私も最初にcoincheckでリップルを購入しました。

販売所は、リップルをまずは自分で保有して、それをユーザーに販売するという形式を取っています。

GMOコインはリップルの保有数が少ないためか、取引量が多いとすぐにXRPが売り切れになってしまいます。

その点coincheckは、大量のリップルを保有しているためか、買いたい時に買いたい量だけの注文が通ります。

登録は簡単ですし、スマホのアプリから簡単にリップルの売買ができるので、最初に必ず登録しておきたい販売所です。

リップルを指値で取引ができるBitbank

Bitbankは、国内で唯一XRPを指値で取引できる取引所です。

取引所では、coincheckのような販売所とは異なり、ユーザー間でリップルの取引をして購入する事ができます。

そのため、『リップルが〇〇円以下になったら〇〇枚注文』というように、価格を指定した指値注文が可能です。

自分の購入したい価格に指値注文を入れる事ができるので、予算に合わせた細かい売買ができる事は大きなメリットです。

ただし、あくまでもユーザー間の取引のため、希望した通りの注文が通らないという場合があります。

例えば、リップルの暴落時にXRPを売ろうとしても、ユーザーが売り注文ばかりをしているので、買い手が見つからず注文が成立しないと言った事が起こります。

販売所と比較して売買にかかる手数料は安いので、coincheckでの売買に慣れたら、Bitbankも使ってみて、徐々に移行していくという使い方がおすすめです。

リップルでFXができるDMM Bitcoin

DMM Bitcoinは、XRPでレバレッジを効かせた取引ができる販売所です。

リップルを始めとしたアルトコイン(ビットコイン以外の通貨)でFXができる、国内唯一の販売所なので、手持ちの資本よりも大きく売買したい場合はおすすめです。

FXは取引金額が大きくなるため、うまく取引ができれば、一気に資本を増やす事ができますが、得をする時も損をする時も、お金が大きく動きます。

仮想通貨が初めてのFXになるという方は、必ず少ない金額から始めましょう。

DMM BitcoinのFXはレバレッジが5倍に固定されているため、例えば10万円入金すると、50万円分のXRPを売買する事ができます。

FXは、リップルの価格が上昇している時も、下落している時も、売り/買いというポジションで入る事ができるので、魅力的ではありますが、リスクを理解して始めることをおすすめします。

また、リップルの成長を気長に見守っていたいという長期保有を考えている方は、やはりcoincheckや、Bitbankがおすすめです。

取り扱いはあるが保有量が少ないGMOコイン

GMOコインにも、XRPが上場したことで話題になりましたが、いざ販売を開始してみると、すぐにリップルが購入できなくなるという事で、さらに話題になりました。

GMOコインは、coincheckと同じく、リップルを保有しユーザーに販売する販売所形式を取っていますが、保有量が少ないのか、取引量が多いのか、すぐにXRPの購入が不可能になってしまいます。

そのため、特に買いたい時に購入する事ができず、リップルをメインに取引する販売所として考えるのは不向きです。

今後、改善することもあるかもしれませんが、現時点ではXRPの購入は他の販売所か取引所を利用するのが良いでしょう。

リップルを購入する場所のまとめ

XRPを購入できる販売所や取引所は、ここまでまとめた通りです。

それぞれに特徴があるので、リップルの取引をしながら、状況に応じて使い分けていくのが良いでしょう。

販売所も取引所も、登録してから実際に取引が可能になるまでは1週間ほどの期間があるので、取引したいと思った時にすぐに動けるように、まとめて登録しておくことをおすすめします。

以下の順番に登録して、リップルの売買を始めましょう。

 

仮想通貨

Share

One More

BitMEXの登録方法とFX取り引きの始め方についての解説

仮想通貨取引所と販売所の違いと適切に使い分けるポイントを解説

SBIバーチャルカレンシーズへの登録方法と口座開設についてを解説

Coincheckの登録方法と開設までの手順

© NOTICED 2020