Wordpressサイトの作成やテーマのカスタマイズ

WordPressのビジュアルエディタにHTMLなどのソースコードを直接入力できるプラグイン

WordPressのビジュアルエディタは、直感的に文章を書く事ができるので、とても便利です。

しかし、広告リンクなどのソースコードを入力する際は、一度テキストエディタに変更してからでないと挿入する事ができない使用になっています。

これを解決し、テキストエディタからソースコードを直接入力できるプラグインPaste Raw HTMLがとても便利なので、ご紹介します。

Sponcerd Link

Paste Raw HTMLとは?

Paste Raw HTMLは、Wordpressのビジュアルエディタに、直接HTMLを挿入できるプラグインです。

naonote.netというブログを運営されている方が開発して、公開して下さっています。

シンプルな機能ですが、このプラグインを入れる事で、記事の作成がとても楽になるので、とても助かっています。

特に便利だと思うのが、以下のような場面です。

  • 広告リンクを挿入したい
  • カエレバのようなHTMLパーツを挿入したい
  • gistのソースコードを貼り付けたい

ブログを運営している方なら、ほとんどの方が遭遇する場面だと思いますが、こういった場合、ビジュアルエディタとテキストエディタを行き来しないと、挿入する事ができません。

ビジュアルエディタから、テキストエディタに切り替えると、カーソルの位置を見失ったり、意図せぬレイアウトの変化が起こったりするので、極力切り替えたくありません。

Paste Raw HTMLなら、ビジュアルエディタから切り替えることなくソースコードを挿入する事ができるので、ストレスなく記事を書いていく事ができます。

Paste Raw HTMLの使い方

Paste Raw HTMLの使い方は、とても簡単です。

これだけの手順で、ビジュアルエディタに” </> HTMLを挿入 “というボタンが追加されています。

記事の中でソースコードを貼り付けしたい場所で、ボタンをクリックし、ソースコードをペーストすれば、完了です。

WordPressの公式プラグインではないため、自分でサーバーにアップする必要がありますが、それを除けば特に設定する項目はなく、すぐに使い始める事ができます。

ビジュアルエディタだけで完結できるようになると快適

これまでWordpressでいくつもサイトを作ってきました。

一時期は、ビジュアルエディタを全く使わずに、テキストエディタのみで、直接HTMLを使って記事を書いていました。

ATOMやSublime Textで記事を書いて、Wordpressに貼り付けという手順で書いていて、それなりに慣れていたのですが、やはり画像の貼り付けなどは不便でした。

かといって、ビジュアルエディタは、テキストの入力や画像の貼り付けは便利なのですが、ソースコードを書くのが一手間必要です。

最近では、今回のPaste Raw HTMLや、Add Quick Tagなどのプラグインを利用する事で、ほとんどビジュアルエディタだけで記事を完成させる事ができています。

ブログなどの文字入力が中心のサイトでは、やはりビジュアルエディタで記事を書くのが適しています。

ショートコードやプラグインを活用して、できるだけビジュアルエディタから切り替える必要がない環境を作っていくと、記事の投稿がとても楽にできるようになります。

Paste Raw HTMLを使って、ビジュアルエディタからHTMLなどのソースコードを挿入できるようになるだけで、劇的に環境は変わります。

気になる方は、ぜひ試してみてください。

Paste Raw HTMLをダウンロードする

Sponcerd Link

プラグイン

Share

One More

No Related Post

© NOTICED 2019