出産・子育て・育児について

双子が産まれたら絶対見直したい毎月の出費と節約のポイント

妻が双子を妊娠したことが分かって、驚きと喜びの次にやってきたのが、お金に対する心配でした。

出産にかかる費用というのは、各自治体が一時金として負担してくれるので、さほど心配はありませんが、問題は実際に生活が始まってからです。

オムツもおもちゃも、洋服も全て2人分なので、雑費だけでも単純に2倍です。

さらに直近の生活のことだけでなく、将来の教育費や学費のことも考えないといけません。

収入を増やす努力はもちろんのこと、余計な出費はできる時に抑えておくことが大切です。

ここでは、双子の子育てにおいて、お金の心配を減らすために、毎月の出費ですぐに見直せるポイントとや、節約のヒントをご紹介しておきたいと思います。

ちなみに、この記事に書いていることだけでも、月に数万円ほど出費を抑えることができます。

現在双子を育てているという方も、これから双子を出産するという方も、できる範囲で参考にしてもらえたらと思います。

楽天カードで消耗品購入時のポイントを貯める

まず、最初に抑えておきたいのが、楽天カードを契約して、楽天ポイントを貯めやすくしておくことです。

代表的なのがオムツなのですが、双子の場合はオムツやおしりふきが尋常じゃないスピードで減っていきます。

特に産まれたばかりの時は、どちらの消費も特に多く、頻繁に買い足す必要があります。

そうなると、毎回スーパーで買うのは大変なので、オムツもおしりふきも通販をしてしまった方が断然楽に日々を過ごせます。

そこで、無視できなくなってくるのが、楽天ポイントです。

楽天ポイントは、通常の楽天会員でも貯まりますが、クレジットカードを作ることで、ポイントの貯まる速度が2倍〜4倍になります。

毎月の支払いを楽天カードにするだけで、オムツ代くらいはポイントでまかなえるようになることもあります。

また、双子ベビーカーなどの高価なものを購入する際にも、楽天市場で楽天カードを使って買い物をすれば、多い時だと20%程度のポイントが貯まることもあります。

普通に購入するよりも、はるかにお得ですし、年会費も無料なので、楽天カード必ず作っておきべきクレジットカードです。

スマホやネットの通信費を見直す

見直すポイントとして、金額的にも大きいのがスマホやネットなどの通信費です。

Docomo,au,Softbankなどのキャリアから、格安SIMに乗り換え、光回線からWiMAXに乗り換えることで、毎月の通信費は大幅に節約することができます。

我が家では、夫婦2人のスマホの通信量と、固定回線の代わりに利用しているWiMAXの月額料金で以下のようになっています。

  • 夫のスマホ代 : 1,800円
  • 妻のスマホ代 : 1,800円
  • WiMAX利用料 : 4,000円
  • 合計 : 7,600円

毎月8,000円以内で、家全体の通信費が収まっています。

3大キャリアでスマホを契約すると、1人分の月額料金がこれくらいになることも珍しくありません。

格安スマホにして、LINE通話などをうまく利用すれば、1人2,000円以内で、スマホの利用料を抑えることができます。

格安スマホのIIJmio

IIJmioは、格安SIMとしては老舗の会社で、安心して契約することができます。

回線はDocomoとauの回線に対応しているため、現在どちらかのスマホを使っていれば、本体はそのままで、IIJmioのSIMカードを購入して挿すだけで、格安スマホに乗り換えることができます。

後述するWiMAXを使えば、月々のパケット通信をほとんど使わなくなるので、データ通信容量を一番少ないプランにしておけば、毎月2,000円以内でスマホを運用することができます。

手持ちのスマホがない場合でも、IIJmioで端末とのセット販売を行なっているので安心です。

電話が多い場合には、かけ放題オプションなどもあり、全て付けてもDocomoやauより格段に料金を抑えることができます。

格安スマホへの乗り換えは難しいイメージがありますが、IIJmioなら簡単に手続きすることができます。

夫婦で乗り換える場合は、ファミリーシェアプランというプランがあるので、さらにお得に契約することができます。

WiMAXで家でも外でもWiFi通信

WiMAXは、光回線のように、自宅にインターネット回線を引いて通信するタイプの物ではありません。

WiMAXはモバイルルーターです。

携帯電話のように、無線でインターネットができる端末なのですが、これを持つメリットは大きいです。

  • パケット通信が使い放題
  • 外でも使える
  • 工事が不要
  • 月額料金が安い

WiMAXは、月額4,000円以内で使えるモバイルデータ通信サービスです。

ですが、スマホのようにパケット通信に制限がないので、動画や音楽も好きなだけ楽しむことができます。

また、光回線と違って、外にモバイルルーターを持ち運びできるので、外出先でもスマホで動画を好きなだけ再生することもできてしまいます。

家の中では光回線が使えて良いけど、外ではすぐに速度制限にかかってしまうという方には特におすすめです。

もう追加のパケットを購入する必要はありません。

家でも外でもスマホがWiFiで通信できるので、先ほどご紹介した格安SIMも、データ通信の容量は最低限で十分だというわけです。

これだけ使えるWiMAXですが、月額4,000円以内で利用できて、工事も不要。

届いたその日から使えて、8日以内なら無料でキャンセルができるので、とてもおすすめです。

 

双子育児

Share

One More

双子と2歳児の3人を連れて外出する方法を考える

双子のチャイルドシートでおすすめはどれ?購入前に考えたポイントのまとめ

Air Buggy Coco Double 双子ベビーカーを通販したのでレビュー

双子の成長速度の違いを記録も兼ねてまとめてみました

Air Buggy Coco Doubleにラスカルのバギーボードを取り付けてみました

双子が乗せられる自転車でおすすめはどれ?双子自転車選びのポイント

© NOTICED 2019