インターネット回線について

Softbankの回線が使える格安SIMは?特徴や料金をまとめてみました

サブの携帯で格安SIMを色々試しているのですが、今回はSoftbank版のiPhone 6 Plusを格安SIMで利用してみることになりました。

これまで格安SIMは、Docomo回線のMVNOをメインで使っていたので、Softbank回線のMVNOについてはほとんど知識がありません。

そこで、契約前に調べてSotbank回線に対応した格安SIMの特徴や料金プランをまとめておきたいと思います。

Softbank回線を利用した格安SIM

Softbank回線を利用したMVNOは、Docomoやauと比べて数が少ないので選択肢はそんなに多くありません。

とはいえ、特に長くiPhoneを使っているユーザーは、Softbankで契約している場合が多いでしょうから、SIMロック解除対応前のiPhoneを持っているユーザーにとっては、とても価値のあるMVNOですね。

調べた所、上記のMVNOでSoftbank回線を利用したSIMが販売されていることが分かりました。

Y!MobileもSoftbank系列の会社なのですが、Softbank版iPhoneを利用する場合、SIMロック解除が必要なので、ここでは除外しています。

それぞれの特徴や料金プランを一覧で比較してみましょう。

Softbank MVNO各社の比較

MVNO データSIM 音声SIM
b-mobile 880円〜 990円〜
nuro mobile 980円〜 1,680円〜
U-mobile 880円〜
QTモバイル 800円〜 1,700円〜

どのMVNOも、データSIMの料金体系はよく似ています。

しかし、b-mobileのジャストフィットSIMが、音声通話付きSIMでは、飛び抜けて低価格になっています。

Softbank系のMVNOの中では、現在最もおすすめなのがb-mobileだと言えそうです。

それぞれのMVNOの特徴をさらに詳しくみてみましょう。

b-mobileがSoftbank系MVNOで一番おすすめ

Softbank回線を使った格安SIMで、最も魅力的なのが、b-mobileのジャストフィットSIMです。

データ通信と音声通話が990円から、利用できて15GBまで使った量に応じて月額料金が変化して行くプランなので、節約したい時は通信量を抑えられますし、必要な時はたっぷり利用できるのが魅力です。

※ただし、15GBまで使ってしまうと、7,240円/月と割高になってしまうので、基本的にはパケット通信量を抑えて使うのがおすすめです。

何より、SoftbankでiPhone 5以降なら、SIMロック解除なしでで利用できるのが大きなポイントですね。

使わなくなったSoftbank版iPhoneを2台目や子供用として復活させても良いですし、b-mobileなら月額500円で5分かけ放題オプションもあるので、十分メイン回線としても利用できます。

nuro mobileのSoftbank SIMは2GBと5GBのみ

nuro mobileは、Docomo回線とSoftbank回線の2つの格安SIMを販売していますが、Docomo回線に比べてデータ通信量の選択肢が少なく、2GBプランと5GBプランしかありません。

音声通話をつけると、最低利用料金が2GBプランの1,680円なので、b-mobileと比較すると、少々割高です。

ただ、10分かけ放題のオプションがあり、データ通信2GB+音声通話+10分かけ放題=2,480円/月という料金なので、やはりキャリアのiPhoneと比べるとお得です。

月額料金で見ると、やはりb-mobileの方がお得ですが、音声通話をよく利用する場合は、nuro mobileという選択肢もありですね。

データ通信専用のU-mobile S

U-mobileのSoftbank SIMは、データ通信専用のSIMカードです。

音声通話には対応していないのですが、データ通信量が1GBから30GBまで選べるようになっています。

ただ、7GBや30GBといった料金プランならWiMAXルーターの様に、大容量通信ができるモバイルルーターにした方が、月額料金が安くたくさんのデータ通信ができるので、U-mobileで容量の大きいプランを契約するのはおすすめできません。

b-mobileのデータ通信専用プランと同じく、1GBプランなら880円で利用できるので、LINE専用のiPhoneとして利用したり、サブの回線として利用するなら良いでしょうが、やはり990円で音声通話がついてくるb-mobileの方がおすすめです。

Sotbank回線を使った格安SIMのまとめ

Softbank回線を使った格安SIMは、まだまだ種類が少なく、音声通話ができるSIMと考えると、実質b-mobileかnuro mobileの2つの選択肢しかありません。

とはいえ、最低利用料金で考えると、Docomo回線を使ったSIMより安いので、余ったSoftbank版 iPhoneを再利用するには最適なSIMです。

特にb-mobileのジャストフィットSIMなら、990円で音声通話と1GBのデータ通信ができるので、コスト面では、とても優れています。

Softbankで過去にiPhoneを契約していて、iPhoneが余っているというユーザーはとても多いでしょうし、iPhoneはAndroidと比べて長く使えるので、SIMロック解除ができないiPhone 5からiPhone 6までの端末を持っているという方は、b-mobileのSIMを試して見てはいかがでしょうか?

SIM

Share

One More

着信専用に最適な携帯電話と待ち受け専用スマホにおすすめなSIMのまとめ

LINE MOBILEはカウントフリープランが魅力の格安SIM

LINEだけ使えるスマホを持つならLINEモバイルのSIMがおすすめ

DMMモバイルで通話SIM 2枚をシェアコースで契約したレビュー

TONEモバイルは月額1,000円運用が可能な格安スマホ

通話定額かけ放題プランがある格安SIMの料金プランを比較

データ通信無制限で使い放題プランのある格安SIMをまとめてみました

どんなときもWiFiを契約したので通信速度などのレビュー

iPhoneのキャリア運用をやめて格安SIMで運用する方法を考える

FreetelのSIMを使った分だけ安心プランで契約しました

© NOTICED 2019