インターネット回線について

LINEだけ使えるスマホを持つならLINEモバイルのSIMがおすすめ

2台目や子供用のスマホを考えた時に、電話は不要でLINEだけができれば良いと考える方は少なくないのではないでしょうか?

今の時代、LINEさえできれば、ほぼ連絡手段に困る事がないので、LINE専用端末は手軽でとてもおすすめです。

LINEモバイルなら、LINEメッセージのやり取りや、LINE通話が使い放題のLINE専用スマホを、月額500円で持つことができます。

このページでは、LINEモバイルを利用して、LINE専用スマホを持つ方法を詳しく解説します。

LINE専用機にLINEモバイルがおすすめな理由

LINE専用機は、スマホに格安SIMを挿せば簡単に作る事ができます。

ですが、せっかく持つなら、LINEモバイルのSIMを契約するのがおすすめです。

LINEモバイルは、LINEが提供する格安SIMなので、他のMVNOと比べて、以下のようなメリットがあります。

  • 月額500円から
  • LINEトークも通話も使い放題
  • SMS認証が不要

LINEモバイルは、LINEに関わる全てのサービスが、パケット通信無制限で利用できる、カウントフリーというプランを提供しています。

そのため、電話番号が不要なら、月額500円でLINEのメッセージも通話も使い放題のLINE専用機を持つ事ができます。

LINEモバイルでLINE専用端末を持つ手順

LINEモバイルで、LINE専用端末を申し込むのは、とても簡単で、次のステップを踏めば誰でもできます。

  • 1. スマホを用意する
  • 2. プランを選ぶ
  • 3. 申し込み

スマホを用意する

まずは、LINE専用端末にするスマホを用意します。

LINEモバイルのSIMは、Docomo回線を使っているので、Docomoで利用していたスマホなら、LINEモバイルのSIMを購入して挿すだけで利用できます。

余っているスマホが手元になければ、SIMフリーのスマホを別途購入する必要がありますが、分からなければLINEモバイルで、スマホ本体とSIMのセットを購入するのが良いでしょう。

LINEモバイルなら、スマホ本体の分割払いにも対応しているので、新しいスマホを用意する場合でも、安心です。

LINE専用端末なら、そこまで高機能なスペックは必要ないでしょうから、1万円台の安いスマホを選べば良いでしょう。

2つのフリープランを選ぶ

LINEモバイルには、LINEのサービスが使い放題のLINEフリープランと、その他のSNSが使い放題になるカウントフリープランの2つのプランがあります。

プラン 容量 料金 使い放題
LINEフリー 1GB 500円 LINEトーク・通話など
コミュニケーションフリー 3GB〜10GB 1,100円〜 LINE・Twitter・Instagram・Facebook

LINEフリープランは、データ通信が1GBしかありませんが、LINEトーク・通話・ビデオ通話などが無制限で利用できるので、LINE専用端末としては十分です。

SMSや電話番号もオプションで付けることもできますが、LINE専用で利用するなら、不要なオプションでしょう。

コミュニケーションフリープランは、データ通信が3GBから10GBまで選べる上に、LINE・Twitter・InstagramといったSNSが全てカウントフリーになっています。

LINE以外にも、SNSをよく利用するというなら、このプランにしておけば、パケット通信容量を気にすることなく、SNSを楽しむ事ができます。

単純にLINEだけを使うというなら、月額500円のLINEフリープランで十分ですね。

SIMカードとスマホをセットで購入する

SIMフリーもしくはDocomo対応のスマホを持っていない場合は、LINEモバイルでSIMカードとスマホをセットで購入するのがおすすめです。

セットで購入した場合は、スマホにSIMカードがセットされ、初期設定が完了した状態で送られてくるので、スマホに詳しくない方でも安心です。

スマホ端末は一括払いもできますが、分割払いにも対応しているので、好みの支払い方法で選んでください。

LINEモバイルで、端末セットを購入する場合に、おすすめのセットをいくつか挙げておきます。

コスパが良い最新端末nova lite 2

Huaweiのnova lite 2は、発売されたばかりのスマホです。

novaシリーズは、前機種でも好評だった、高機能でコストパフォーマンスが高いSIMフリースマホです。

本体代金は25,980円で、24回の分割払いなら1,120円/月と、スマホとしては決して高くはないですが、LINE専用機としては十分すぎる機能を備えています。

LINE専用にするにはもったいないくらいのスマホですが、長く持つ予定ならこれを選んでおけば間違いありません。

とにかく安いGRAND X LTE

LINEだけが使えれば良いから、とにかく安いスマホが欲しいという場合は、BLU ProductのGRAND X LTEがおすすめです。

本体代金が一括で9,980円で、分割代金は440円/月なので、LINEフリープランの月額500円と合わせても、月額1,000円で運用できます。

nova lite 2とは違い、決して高機能ではありませんが、LINEだけを使うのなら全く問題はありません。

2台目スマホとしてもおすすめです。

LINE専用スマホのまとめ

最近では連絡手段がほぼLINEになっていて、電話番号を持つ必要性がどんどん薄れています。

そんな中で、LINE専用端末を持つということは、ごくごく自然な流れだと思います。

2台目や子供用なら、LINEで連絡がつけば十分ですし、月々の料金は格段に安く抑えることができます。

とはいえ、LINE通話やメッセージのやり取りで、データ通信に制限がかかってしまっては大変なので、LINEモバイルのカウントフリーはとても助かるサービスです。

LINEを提供する会社のSIMカードなので、やはりよく考えられていますね。

これまで格安スマホを契約したことがないという方でも、LINEモバイルなら簡単にLINE専用端末を用意することができます。

申し込みは、LINEモバイル公式サイトの申し込みページに、必要事項を入力すれば完了です。

SIM

Share

One More

TONEモバイルは月額1,000円運用が可能な格安スマホ

DMMモバイルで通話SIM 2枚をシェアコースで契約したレビュー

Softbankの回線が使える格安SIMは?特徴や料金をまとめてみました

通話定額かけ放題プランがある格安SIMの料金プランを比較

データ通信無制限で使い放題プランのある格安SIMをまとめてみました

LINE MOBILEはカウントフリープランが魅力の格安SIM

着信専用に最適な携帯電話と待ち受け専用スマホにおすすめなSIMのまとめ

FreetelのSIMを使った分だけ安心プランで契約しました

どんなときもWiFiを契約したので通信速度などのレビュー

iPhoneのキャリア運用をやめて格安SIMで運用する方法を考える

© NOTICED 2020