お金に関すること

Coincheckの登録方法と開設までの手順

Coincheckは、コインチェック株式会社が運営する、仮想通貨の取引所・販売所です。

早くからビットコインとアルトコインの売買ができるサービスを開始していて、最近では出川 哲郎さんが出演するCM『兄さんは知らないんだ』で、さらに知名度が上がりました。

Coincheckは、仮想通貨の売買を始めるのに最適な、とても使いやすいサービスを提供してくれているので、仮想通貨投資への入り口として、とてもおすすめです。

ここでは、Coincheckへの登録方法と、開設までの手順について、分かりやすく解説します。

Coincheckへの登録と開設までの流れ

Coincheckへの登録はとても簡単で、5分もあれば完了します。

ただし、登録した後にCoincheckから送られてくる住所確認のためのはがきが送られてくるまでに、1週間程度の時間が必要です。

売買を開始したいタイミングがきたら、いつでも始められるように、登録は早めに済ませておくことをおすすめします。

手順1 – 取引アカウントを作る

まずは、Coincheckの登録ページにアクセスし、『新規登録』から『取引アカウント』をクリックし、アカウントの作成を行います。

アカウントの作成は、Facebookと連携するか、メールアドレスとパスワードを登録することで簡単に作ることができます。

個人的にはFacebookアカウントと連携させたくなかったので、手持ちのGmailアドレスを使って登録しました。

後ほど変更することもできるので、ここでは好みの方法でアカウントを作りましょう。

手順2 – メールアドレスの認証を行う

メールアドレスとパスワードでアカウントの作成を行ったら、登録したメールアドレスに確認のメールが届きます。

メールに記載されたリンクをクリックすれば、Coincheckのアカウント登録が完了です。

アカウントの作成は、たったこれだけの手順なので、とても簡単です。

ただし、この時点でできるのは、Coincheckのサービスを閲覧することと、Coincheckを誰かに紹介するアフィリエイトを利用することしかできません。

日本円を入金し、仮想通貨の売買を行うには、次のステップに進みましょう。

手順3 – 電話番号の認証を行う

メールアドレスの認証が終わって、Coincheckにログインすると、『本人確認書類のご提出をお願いします』という案内が出ています。

そのリンクをクリックすると、電話番号の認証画面に進みます。

ここでは、現在利用している携帯電話の番号を入力して、CoincheckからSMS(ショートメッセージサービス)を受け取ります。

SMSには6桁の番号が記載されているので、打ち間違えのないように注意して入力します。

これで電話番号の認証は完了です。

手順4 – 各種重要事項の承諾を行う

電話番号の認証を行うと、『サービス利用における、各種重要事項の承諾について』という項目に進みます。

これは、仮想通貨の取引に必要な項目と、犯罪防止のための項目に承諾することになります。

これも必須なので、全てにチェックを入れて承諾を押して、完了します。

手順5 – 個人情報の入力とアップロード

続いて、氏名・生年月日・住所などの個人情報を入力します。

ここでは、文字の入力以外に、本人確認書類のアップロードが必要になります。

Coincheckの本人確認書類には、以下の書類が有効になっています。

  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 住民基本台帳カード
  • マイナンバーカード

Coincheckでは、上記いずれかの確認書類と、自分の顔写真が一緒に写った写真(セルフィー)をアップロードする必要があります。

(2017年12月に仮想通貨への投資を始める半年前に、Coincheckのこの手順が不安で、登録をやめてしまったことがあるのですが、今ではとても後悔しています…。)

私の場合は常に持ち歩いている運転免許証を使って、登録をしました。

スマホだと簡単に写真がアップロードできるので、しっかり自分の顔+免許証を撮影し、アップロードしましょう。

この際、裏面の写真も必要になるので、忘れずにアップロードするようにしましょう。

個人情報のアップロードに抵抗のある方もいるかもしれませんが、Coincheckで個人情報が流出したという話は聞きませんし、扱っているのがお金に関わる重要な部分なので、個人情報の提出は欠かせません。

手順6 – 住所確認のはがきを受け取る

ここまでの手順で、すでにCoincheckに日本円を入金し、仮想通貨の売買を行うことが可能になっています。

ただし、住所確認の郵便はがきを受け取るまでは、出金ができないようになっています。

早く売買を始めたいという方は、郵便が届く前に取引を初めてしまっても、なんら問題はありません。

私が初めて購入した通貨はリップルだったのですが、郵便を待たずに購入して、その2日後に価格が急上昇したということがありました。

郵便が届いたら、自動的に出金も含めた全ての取引が可能になるので、はがきを見ながら行う作業は特にありません。

あとは、Coincheckで仮想通貨の売買を楽しんでください。

仮想通貨

Share

© NOTICED 2020