おすすめのグッズ

Bluetooth 5.0のイヤホンでおすすめはどれ?対応イヤホンのまとめ

数年前にBluetoothイヤホンを使い始めてから、あまりにも快適すぎて、もう有線には戻れなくなっています。

さらに最近では左右のイヤホンをつなぐケーブルさえなくなった、完全独立型のイヤホンが続々と発売されていますね。

近々ケーブルレスの独立型イヤホンを購入しようと考えているのですが、あまりにも種類が多く、どれを購入すれば良いのか迷ってしまいます。

探していく中で気になったのは、最新の規格であるBluetooth5.0対応のイヤホンです。

Appleでも、iPhone 8からBluetooth 5.0を採用しているので、これから発売される端末に標準搭載されていくでしょう。

せっかく購入するなら、長く使えるものが欲しいので、ここではBluetooth 5.0に対応したイヤホンを調べてまとめています。

Bluetooth 4.2と5.0の違い

Bluetooth 4.2と5.0の違いについて、少し触れておくと、転送できるデータの容量と、通信できる範囲が大幅に向上しているという点が大きな違いです。

  • 転送速度 : 1M → 2M
  • 通信距離 : 10m → 100m

Bluetooth 4.2と5.0では、転送速度が2倍になり、通信できる範囲が10倍に広がっています。

それだけ、障害物や他の通信との干渉を受けにくく、接続がしやすくなったということですね。

特にデータ通信の容量については、左右独立型イヤホンは遅延が起きやすいと言われているので、注目しておきたいポイントです。

Bluetooth 5.0に対応したイヤホンの一覧

商品名参考価格
EnacFire Twins¥5,980
TECKEPIC¥6,280
Yell Acoustic¥8,899
Zolo Liberty+¥14,800

Bluetooth 5.0に対応したイヤホンは、まだまだ数が少ないのですが、Ankerのオーディオブランドである、Zoloの上位機種Liberty +などは、しっかりと5.0に対応してきています。

BOSEなど、大手オーディオメーカーの商品は、まだ5.0に対応したものがないので、これからと言ったところでしょうか。

最も安価なEnac Fire Twins

Enac Fire Twins は、Bluetooth 5.0対応のイヤホンの中で、最も安価なイヤホンです。

六角形の独特な形状ですが、ロゴやケースはとてもシンプルなので、使い手を選ばないデザインですね。

5.0対応の他にも、IPX7の防水対応なので、スポーツなど少々の水濡れでは全く問題ありません。

また、この価格でタッチ操作にも対応していて、再生・停止・曲送りなどの基本的な操作はタッチで可能になっています。

バッテリー持ちも、4時間と長いので、今回掲載するイヤホンの中では、コストパフォーマンスが最も高いイヤホンですね。

EnacFire Twins Bluetooth 5.0 完全ワイヤレスイヤホン 左右分離型 タッチ式 IPX7防水規格 軽量 マイク付き Bluetooth イヤホン 片耳 両耳とも対応 ブラック posted with カエレバ EnacFire Amazon楽天市場Yahooショッピング

Yell Acoustic Wings

Yell Acousitcは、ビックカメラやヨドバシカメラなど、大手家電量販店でも取り扱いのある商品です。

このWingsは、前機種Air Twinsからアップグレードしたイヤホンで、初めて5.0に対応しました。

三角形の形状で、全体的なデザインもよくカラーバリエーションも3色から選ぶことのできるイヤホンです。

こちらも1万円を切る価格で購入できるのですが、とても1万円以下とは思えない質感です。

IPX5の防水性能に、タッチ操作に対応していますが、連続再生時間は3時間と少し短くなっています。

Yell Acoustic Bluetooth 5 完全ワイヤレスイヤホン WINGS ブラック(エールアコースティック ウィングス)左右独立 完全独立 防水 IPX5 超簡単ペアリング【日本正規代理店品】 AT11690 posted with カエレバ Yell Acoustic 2018-01-15 Amazon楽天市場Yahooショッピング

AnkerのZolo Liberty +

モバイルバッテーリなどのガジェットで知られた、Ankerのオーディオブランドから発売されている、Libertyの上位機種です。

価格は14,980円と、少し高級感のあるイヤホンですが、高音質設計や周囲音の取り込み機能など、他のイヤホンにはない魅力があります。

コストパフォーマンスでは、下位機種のLibertyが有力ですが、Bluetooth 5.0に対応しているのは、Liberty +だけです。

ケースのバッテリー持ちがよく、繰り返し充電すると最大48時間の使用が可能な点も魅力です。

Zolo Liberty+ (Bluetooth 5.0 完全ワイヤレスイヤホン) 【最大48時間音楽再生 / Siri対応 / IPX5防水規格 / 周囲音取り込み機能搭載】(ブラック) posted with カエレバ Anker Amazon楽天市場Yahooショッピング

Bluetooth 5.0 対応イヤホンのまとめ

Bluetooth 5.0に対応したイヤホンの数は、まだまだ少ないのが現状です。

ですが、やはり左右独立型イヤホンの接続の不安定さを考えると、対応必須の規格だと思います。

特によく言われる動画再生時の遅延などは、少なければ少ないほど良いので、Bluetoot 5.0が真価を発揮する場面ではないでしょうか。

快適にBluetoothイヤホンを使用するために、5.0対応にポイントを置いて、良い商品を見つけていきたいですね。

Bluetooth

Share

One More

MEES M1の購入レビュー AAC対応の完全ワイヤレスイヤホンを試してみました

Soundpeats True Podsのレビュー Air PodにそっくりなBluetoothイヤホン

© NOTICED 2019